見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 恵方巻【えほうまき】





恵方巻は節分の行事。節分は「季節を分ける」という意味で、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日をいうが、特に立春の前日を指すようになった。節分の行事としては豆まきが長く親しまれていたが、もともと近畿・中国地方で知られていた「恵方巻」が近年、全国的に普及した。

1998年にセブンイレブン恵方巻が全国発売されたのを皮切りに、翌1999年、ローソンが全国発売を開始。2003年にはファミリーマートが、2005年にはサークルKサンクスが続き、全国的な認知度を獲得していった。博報堂生活総研の2011年の調査では、節分に行った行事で「恵方巻を食べた」(48%)が「豆まきをした」(44%)を上回っている。

「恵方」とはその年の福徳を司る神・歳徳神がいる方位のこと。恵方は毎年変わり、2014年は東北東となる。そちらに向かって太巻きを無言で食べる。切らずに食べるのは、縁を切らないようにするという意味がこめられている。また無言で食べるのは、喋ると福が逃げるといわれているため。

便乗商品も各地に数多くある(シュウマイ、麩菓子、ケーキバームクーヘンなど)。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425552
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 時事用語のABC>イベント>暦・記念日    >    恵方巻

A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC