見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 芥川賞・直木賞(第150回)【だい150かいあくたがわしょうなおきしょう】





第150回芥川賞直木賞の選考会が2014/1/16に行われ、芥川賞の受賞作が『穴』小山田浩子直木賞が『恋歌』朝井まかて と『昭和の犬』姫野カオルコに決定した。直木賞ダブル受賞は2期1年ぶり。贈呈式は2月下旬、都内で開かれ、正賞の時計と副賞の100万円が各受賞者に贈られる。

それぞれ正式名称芥川龍之介賞・直木三十五賞といい、「芥川賞」「直木賞」は通称である。芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌、単行本で発表された短篇および長編の大衆文学作品が対象となっている。作家で実業家菊池寛によって昭和10年に制定された、日本で最も長い歴史をもつ文学賞。毎年1月と7月の年2回発表される。話題性も非常に高く、受賞作はしばしばベストセラーになる。主催は公益財団法人日本文学振興会で、選考会は毎回、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれるのが通例となっている(芥川賞は1F、直木賞は2F)。現在の選考委員は、芥川賞が小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美。直木賞が浅田次郎、阿刀田高、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき、渡辺淳一。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425542
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 時事用語のABC>流行・ブーム>    >    芥川賞・直木賞(第150回)

A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC