見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・9月(長月/September)
    ・23日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気:「秋分
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 一事不再理【いちじ・ふさいり】



一つの刑事事件で重ねて刑事上の責任を問わないこと

ある刑事事件について、すでに確定した判決が出ている場合には、その刑事事件について重ねて審理することができないという原則のこと。一事不再理の原則に反して公訴の提起があった場合には、免訴の判決が言い渡される。

日本国憲法第39条の後段で「同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。」と一事不再理の原則を定めている。この規定は、日本の刑事裁判制度における一事不再理の原則を意味し、外国の刑事手続きに沿って判決が確定していたとしても、日本での公訴の提起を妨げるものではないと解釈されている。

米ロス市警が殺人と共謀の容疑で1月23日に逮捕した三浦和義容疑者の「ロス疑惑」事件で、1981年の事件当時から日本で無罪判決が出された2003年にかけて、カリフォルニア州刑法で一事不再理の原則が外国の判決にも適用されていた。しかし、2004年9月の同州刑法の改正で、他の州や外国の確定判決が出ている場合でも、公訴の提起ができるようになっている。

【出典】 時事用語のABC(著:時事用語ABC編集部)
時事用語のABC

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14425402
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:私的録音録画補償金制度  消費者庁  刑務作業  原爆症  

   


  1. ◆「一事不再理」の関連ワード

  2. 私的録音録画補償金制度

  3. 消費者庁

  4. 刑務作業

  5. 原爆症


A D

時事用語のABCについて
今の社会が見えてくる話題のキーワードをやさしい言葉でわかりやすく解説しています。情報協力:松山大学檀研究室。社会貢献活動の一環としてメールマガジンなどのサービスを展開中。就職活動や資格試験のほか、教養・雑学の情報源として多く利用されている。
この言葉が収録されている辞典

 時事用語のABC


  • 【辞書・辞典名】時事用語のABC[link]
  • 【出版社】Ea,Inc.
  • 【編集委員】時事用語ABC編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】










関連辞典
時事用語のABC 時事用語のABC