見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 黒石市【くろいし】





【由来】蝦夷の住む所を「久慈須(くじす)」とか「国栖(くにす)」と呼んだ。これの転訛といわれる。
【日本一】雪だるま高さ日本一(31.425m)、日本初りんご農家手づくりのスパークリングワイン「春から先はずっと幸せりんご酒」
市役所】 036-0396  黒石市大字市ノ町11-1 TEL:0172-52-2111
【URL】 http://www.city.kuroishi.aomori.jp/
【市章の由来】黒石藩の旗印と替紋。明治22年から黒石町が町章として用いたものを、市制施行後もそのまま採用。古くは、中国の春秋時代(約2500年前)のころ、公服に使われた階級12章の一つに(フツ=星の意)があったといわれています。  黒石藩の幕紋には、家紋の「五葉の牡丹」と替紋の「」を染め込んでいたほか、「」は旗印にも使用していました。 古代中国の役人の礼服に縫い取りされていた模様で、12階級の一つに「」があり、階級では諸侯クラスです。模様がそのまま文字化したといわれますが、文字では、黻(ふつ)と書きます。その意味は、『己』または『弓』の字を背中合わせにした礼服の模様」とあります。また、「」の意味には「臣民が悪に背き、善に向かう」というのもあり、閻魔大王の礼服にも見られるといわれています。これらのことから、藩祖信英公が、武家の象徴である「弓」を背中合わせデザイン化している「」を、幕紋や替紋・旗印に用いたであろうというのが有力な説です。
「黒石市」の基本情報・出身者情報・特産・イベント・観光情報は、JLogosPremiumでご覧頂けます

【出典】 東洋経済新報社(著:)
都市データパック(市章)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8509033
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:弘前市  八戸市  青森市  北斗市  

   


◆関連最新まとめ


  1. ◆「黒石市」の関連ワード

  2. 弘前市

  3. 八戸市

  4. 青森市

  5. 北斗市


A D

都市データパック(市章)について
日本全国800以上の市章を網羅。市の由来から、市章の由来、日本一情報など無料公開
この言葉が収録されている辞典

 市章辞典(都市データパック特別編集版)


  • 【辞書・辞典名】市章辞典(都市データパック特別編集版)[link]
  • 【出版社】東洋経済新報社
  • 【編集委員】
  • 【書籍版の価格】0
  • 【収録語数】809
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










この書籍の関連アプリ

 アプリ


都市データパック

都市データパック

  • 定価:120
  • 東洋経済新報社の発行する「都市データ...>>続く
App store


関連辞典
都市データパック(市章) 都市データパック(市章) 都市データパック(市章)