見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ローランドとキャンベルタウン



3つの蒸溜所が残るローランド
スコットランドの南部がローランド。かつては数十の蒸溜所があったが衰退。イングランドに近いため密造ができず、高い酒税を支払うために大量生産した結果、質を落としたのが原因といわれる。現在はオーヘントッシャン、ブラッドノック、グレンキンチーの3つの蒸溜所が稼働。ハイランドに対抗するために、グレーンウイスキー造りに力を注ぐ。なかでもローランド伝統の3回蒸溜を守り継ぐオーヘントッシャン蒸溜所が有名。

かつて栄えたキャンベルタウン
キャンベルタウンは微妙な位置にある。ハイランド西のキンタイア半島の先端で、緯度的にはローランド、すぐ横はアラン島。かつては30以上もの蒸溜所があり、スコッチの中心地だった。ちなみに、ニッカウヰスキーを創業した竹鶴政孝が修業したのもここ。米国への輸出も活発だったが、大量生産による品質低下で評判を落とし、次々と廃業に追い込まれた。現在は、代表格のスプリングバンクのほか、グレンスコシアと、2004年に操業を再開したグレンガイルの3蒸溜所が稼働している。


【出典】 東京書籍(著:上田 和男)
洋酒手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8515526
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 洋酒手帳>ウイスキー>スコッチ    >    ローランドとキャンベルタウン

A D

洋酒手帳について
特徴や味わい、アルコール度数や容量、参考価格などの数値を含め解説。 また原料や製法、歴史などの基礎知識も充実しており、洋酒入門としてお勧め。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


洋酒手帳

洋酒手帳

  • 定価:無料
  • ウイスキー、ブランデーの二大洋酒をは...>>続く
App store


洋酒手帳

洋酒手帳

  • 定価:無料
  • ウイスキー、ブランデーの二大洋酒をは...>>続く
Google Play