見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から10日
    ┗「冬至」まで5日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 麦焼酎の基礎知識【むぎしょうちゅう】



壱岐と大分が麦焼酎の二大産地

麦焼酎の発祥は、九州北部の玄界灘に浮かぶ壱岐といわれ、製造法の伝来は16世紀頃と伝わる。現在の長崎県壱岐市だが、江戸時代は肥前(現在の長崎県)平戸藩の領地だったところ。当時は、米はほとんどが年貢として納められ、酒の原料に使うことができなかった。そのため年貢の対象外だった大麦を使い、酒を造ったのが始まりという。今ではその長い歴史が認められ、確立した製法や品質などが守られた原産地を、世界貿易機関が産地ブランド「壱岐焼酎」として保護するほど、その評価は高い。

一方、大分県も麦焼酎の産地としてよく知られた存在だ。こちらは江戸時代には清酒が主流で、酒粕を使った焼酎が造られていたといわれる。そして昭和48年に麦100%の焼酎「吉四六」が販売され出してから、一躍麦焼酎の本場として躍り出る。大手メーカーが発売する「いいちこ」や「二階堂」といったブランドが人気となり、「大分焼酎」の名が定着した。

壱岐焼酎は伝統の常圧蒸留が多く、しっかりした麦の味を伝え、大分焼酎は減圧蒸留が多く、口当たりよく、さわやかな仕上がりと、それぞれ特徴を分け合っているのも面白い


【出典】 東京書籍(著:監修:SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会))
焼酎手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8538547
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:島の華  嶋自慢  紅一粋  三岳  

   


◆関連最新まとめ


  1. 焼酎手帳>>基礎知識    >    麦焼酎の基礎知識
  1. ◆「麦焼酎の基礎知識」の関連ワード

  2. 島の華

  3. 嶋自慢

  4. 紅一粋

  5. 三岳


A D

焼酎手帳について
誰でも簡単に好みの焼酎銘柄が探せます! 自分好みの焼酎銘柄を選ぶとき、出張先や旅行先で地酒を楽しむための参考として、また焼酎の基本を知る入門書として使える焼酎事典です。
この言葉が収録されている辞典

 焼酎手帳


  • 【辞書・辞典名】焼酎手帳[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】監修:SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)
  • 【書籍版の価格】1,512
  • 【収録語数】140
  • 【発売日】2010年7月
  • 【ISBN】978-4487804221










この書籍の関連アプリ

 アプリ


焼酎手帳

焼酎手帳

  • 定価:360
  • 芋・麦・米・黒糖・そば・酒粕など原料...>>続く
App store


焼酎手帳

焼酎手帳

  • 定価:360
  • 芋・麦・米・黒糖・そば・酒粕など原料...>>続く
Google Play

関連辞典
焼酎手帳 焼酎手帳 焼酎手帳 焼酎手帳 焼酎手帳 焼酎手帳 焼酎手帳