見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・6月(水無月/June)
    ・16日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「芒種」から10日
    ┗「夏至」まで6日
    赤口
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 知能道路【ちのうどうろ】


時速四〇〇kmの超高速道路は誕生するか?



二一世紀の道路として期待されているのが、知能道路スマートウェイ)と呼ばれる先進的な通信技術を導入した道路である。すなわち、車と道路に知能を吹き込み、知能を持った車と道路が情報を交換し合うことによって、交通事故や渋滞などを解消し、より快適で円滑な道路交通を目指そうというのだ。
知能道路を完成させるべく開発された技術に、AHS(走行支援道路システム)がある。車の走行を、高度な道路通信技術によって支援しようというものだ。道路に磁気ネイルなどを埋め込み、車に搭載したセンサー車間距離や側面距離をコントロールしながら、追突や衝突事故を未然に防ぐ。たとえば、脇見運転で車線をはみ出しても、警告を発して自動的に元の車線に戻してくれる。渋滞の原因になっているトンネルの入口や、上り坂に差しかかったときなどは自動的に減速するなど、安定した走行が保たれる。
要するに、運転手の補助的な役目を担ってくれるのがAHSなのだ。AHSの技術が進歩すれば自動運転も実現できる。知能道路にはETCやVICS、AHSなどの技術の集大成ともいえるITSが組み込まれており、これまでの道路交通の悩みであった交通事故や渋滞、環境問題などが大幅に改善されるのだ。開通間近な第二東名、名神高速道路に、この知能道路が導入されるという。
やがて超高速道路の時代がやってくるかもしれない。時速五〇〇kmのリニア新幹線の誕生も秒読み段階に入っているが、道路交通においても、新幹線よりもはるかに速い時速四〇〇kmの超高速道路が誕生するのも夢ではない。もちろんその時は、無公害車による自動運転である。運転手はハンドルを握らずに、座ったままで目的地に到着できるのだ。

【出典】 日本実業出版社(著:浅井 建爾)
道と路がわかる事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5060115
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:スマートウェイ  AHS  掘割式道路  立体道路制度  

   


  1. ◆「知能道路」の関連ワード

  2. スマートウェイ

  3. AHS

  4. 掘割式道路

  5. 立体道路制度


A D

道と路がわかる事典について
"道を切り口に日本を旅する楽しみに出会う本。身の回りの生活道路の不思議から、古道の歴史、国道や高速道路、橋やトンネル、乗り物まで""道と路""に関する知識が満載。"
この言葉が収録されている辞典

 道と路がわかる事典


  • 【辞書・辞典名】道と路がわかる事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】浅井 建爾
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】255
  • 【発売日】2001年11月
  • 【ISBN】978-4534033154










関連辞典
道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典 道と路がわかる事典