見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から14日
    ┗「小満」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 佐久間象山【さくましょうざん】



7 ペリーに丁寧に挨拶された唯一の日本人…西洋人と見間違う容姿だった佐久間象山
 日本人を恫喝し、艦砲外交によって無理矢理日本を開国させたペリーだが、そんな不遜な男が唯一、丁寧に頭を下げた日本人がいた。
 1854年に再来日したペリーを、幕府は横浜に設けた応接所で接待する。周囲の警備に当たったのは、松代藩(長野県)と小倉藩(福岡県)だった。ペリーは松代藩兵の前を通り過ぎようとしたが、そのなかにいたある兵に、丁寧に会釈した。
 その男とは、吉田松陰や小林虎三郎の師匠だった佐久間象山である。なぜペリーが象山に挨拶したのかは正直言って謎だが、余りに堂々とした威厳を保っていたので、思わず叩頭してしまったという説が強い。だが私は、ペリーが象山を同国人に間違えたのではないかと思っている。
 彼の写真が残っているが、極めて異相である。額が広く顴骨が発達していて、鼻が高く彫りが深い。そのうえ二重まぶたで大きな瞳を持つ。しかも、筋骨たくましく、身長が180センチを超えていたうえ、肌が抜けるように白かったという。
 これではペリーも白人と間違えるわけだ。
 ところでこの象山、世界で一番頭がいいのは日本人で、やがては日本人が世界を支配すべきだと考えており、なかでも自分は名将の血統を継いでいるので、たくさんの子をつくらねばと考えていた。が、どうしたわけか、象山の子はみな早世してしまう。そこで彼は知人に宛てて、「健康な子供は健康な母体に宿るという。私は体の丈夫な頭のいい子をつくりたいから、顔は悪くてもいいから、臀部の発達した女性を紹介してくれ」と頼んでいる。何とも変わった自信家である。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625096
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:天野八郎  ハワイ移住  伊能忠敬  安藤昌益  

   


  1. ◆「佐久間象山」の関連ワード

  2. 天野八郎

  3. ハワイ移住

  4. 伊能忠敬

  5. 安藤昌益


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典