見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    友引
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:2
    月名(旧歴日):二日月/繊月(せんげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 お城坊主【おしろぼうず】



11 江戸城内にいるお城坊主とは何者?…身のまわりの世話をする怪しげなホストの役得
 江戸城の殿中には、頭を剃った男たちがぞろぞろいた。こうした者たちの多くは、「お城坊主」である。殿中での将軍や諸大名たちのお世話係で、大名たちの着替えから食事の用意、刀の上げ下げ、部屋への案内など、こまごまとした世話を実に丁寧にしてくれるホストのようなものである。
 お城坊主は、同朋と坊主の2種類に大別でき、同朋のほうが室町幕府の頃よりある職で、坊主に比べてその地位が高かった。
 殿中は、原則として大名以外は入れないので、大名は皆、お城坊主の世話にならざるを得なかった。そんなわけで、大名にはそれぞれ、懇意にしているお城坊主が必ずいた。彼らがきちんと世話をしなければ、大名は何一つできないのだ。
 とくに、将軍のお側に控えるお城坊主と仲良くしておくと、何かと好都合だった。絶対に手に入らない極秘情報も手にすることができるからだ。逆に、お城坊主の心証を悪くしてしまうと大変である。いわれのない悪口を将軍に吹き込まれてしまう可能性だってある。
 そんなわけで大名は、お城坊主にはかなり気を遣い、日頃から大切に扱った。正月に、お城坊主が懇意にしている大名のもとに年始に出向くと、さまざまなご馳走が供され、莫大な祝儀が与えられたという話も、そうした理由からだろう。
 一方、お城坊主は、一人で数名の大名を掛け持ちするのが普通であった。ただし、お世話をするときは、その大名から拝領した羽織を着用する習慣があったので、いくつも掛け持ちしていると、羽織の着替えにてんてこ舞いしたと伝えられる。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625062
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:甲府勤番  士農工商  鳥見  台所役人  

   


  1. ◆「お城坊主」の関連ワード

  2. 甲府勤番

  3. 士農工商

  4. 鳥見

  5. 台所役人


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典