見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・25日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から4日
    ┗「芒種」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 縄文人【じょうもんじん】



1 縄文人にも戦争はあった?…常識を覆す歴史的新発見となるか
 縄文時代には、リーダー的な人々こそ少数いたが、基本的に集団のなかでは身分や貧富の差がなく、豊かで安定的な社会だったというのが、これまでの常識である。また、人々が集団で殺し合う戦争も存在しなかったとされてきた。
 ところが、この常識を覆す考古学的成果が出てきた。奈良文化財研究所が2002年3月、「国内としては最古の戦争の痕跡が見つかった」と発表したのである。痕跡は、居徳遺跡(高知県土佐市)で出土した縄文晩期(2800~2500年前)の人骨9人分(15点)に刻まれていた。
 同研究所によれば「大腿骨2点と上腕骨1点に刺し傷が十数か所にわたって執拗につけられており、その他の骨にも刺痕が見つかった」と言い、「こうした異常なまでの憎しみ的な損傷行為や、骨が発見された場所が当時のゴミ捨て場だったことから、この時代の戦争犠牲者である」と判断したのだ。しかも、傷をつけたのは、金属器であるとも断定された。この見解もこれまでの常識を覆してしまうものだ。なぜなら、縄文時代には石器しかなく、青銅や鉄などの金属器の使用は、次の弥生時代に始まったとされているからである。
 もちろん、こうした戦争存在説に、以下のように疑問を投げかける学者は少なくない。
「人骨に傷があるからといって、そこから戦争の存在を類推するのは不可能だ」「石器でも十分鋭い傷はつき、金属器による傷と断定するのは安易だ」「人骨は戦争ではなく、解体されて儀式に使用されたか、食べられたのではないか」
 いずれにせよ、今後の展開が楽しみである。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625029
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:  文永の役  西安事件  満州開拓移民団  

   


  1. ◆「縄文人」の関連ワード


  2. 文永の役

  3. 西安事件

  4. 満州開拓移民団


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典