見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・25日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から4日
    ┗「芒種」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 千葉氏【ちばし】



3 おならが原因で衰退してしまった千葉氏…名族にふりかかった笑えない事件とは?
 まさに、ウソのような本当の話である。
 おならが原因で衰退した千葉氏の逸話だ。この話は、『関八州古戦録』に載る。
 1588年正月、佐倉城主・千葉邦胤のもとに家臣たちが続々と年賀に訪れた。この時代、小田原北条氏の配下に属していたものの、千葉氏は中世以来の名族である。年賀の礼が終わると、家臣らは書院で饗応を受けた。
 このとき、配膳をしていた邦胤の近習で18歳の鎌田万五郎が、あろうことか2度も放屁したのである。「このめでたい席で屁をしるとは無礼ぞ!」と邦胤が怒ると、万五郎は、「出物腫れ物ところ嫌わず」と満座で主君に口答えをした。激怒した邦胤は、万五郎を蹴り倒して脇差しに手をかけ、成敗しようとしたが、これに驚いた家臣が主君を止めたため、ようやく事なきを得た。
 数か月間の謹慎処分で許されはしたものの、この措置を深く恨んだ万五郎は、同年7月4日、邦胤の寝所へ忍び込み、寝ている邦胤にいきなり斬りつけたのだ。
 物音に気がついた宿直が驚いて駆けつけると、邦胤は血だらけになって倒れ、「万五郎にやられた」と言って絶命した。他方、万五郎も逃げ切れないと覚悟を決め、近くの林で切腹して果てた。
 その結果、邦胤の子・千鶴丸がわずか6歳で千葉氏の家督を継いだが、小田原北条氏は、子供に重要拠点は任せられぬと、城主に原胤成をすえ、千鶴丸を小田原城へ入れた。
 つまり、名族・千葉氏は、放屁が原因で城を失ったのである。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625016
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:荒木村重の謀反①  荒木村重の謀反②  小野篁  国書  

   



A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典