見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先勝
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 日系人兵士【にっけいへいし】



14 病院から逃亡した日系人兵士の行き先は?…偏見との戦いにも勝った日系人部隊
 1941年12月8日、ハワイの軍港・真珠湾が日本軍の奇襲攻撃を受け、アメリカ海軍が大打撃を被ったことから始まった太平洋戦争中、アメリカに住む日本人移民(一世)や日系人(二世・三世)たちは、非常に苦しい立場に置かれた。アメリカ本土の日系人たちは、敵性外国人とみなされ、財産を没収、強制収容所へと送られた。
 だが、ハワイ日本人移民や日系人は、リーダー的立場の人々以外、収容されなかった。彼らはハワイの多数派ゆえ、もし全面拘束したら、ハワイ経済そのものが麻痺してしまう恐れがあったからだ。そして、こうした寛大な措置に感激したハワイの日系二世は、続々と兵士に志願した。アメリカ国民として戦おうと決意したのである。
 かくして、第442部隊や第100歩兵大隊と称する日系人部隊が誕生する。彼らは、ヨーロッパ戦線に投入され、大活躍したが、犠牲も多く、ハワイ日系人兵士だけで506名もの戦死者を出している。驚くことに、発表された負傷者の数は、兵士の総数より多い。一人で何回も傷つくからだ。しかも、負傷した日系人兵士たちは、続々と病室から抜け出した。傷ついた体で、自分から戦場に戻ったのだ。
 日系人部隊は、この戦争に参加したアメリカ軍部隊で一番多く勲章をもらった。同時に、アメリカ人の日系人に対する偏見は一掃され、その社会的地位の向上に貢献したと伝えられる。戦後、トルーマン大統領ホワイトハウスの庭で彼らと接見、「諸君は世界の自由のために戦った。また偏見に対しても勝った」と讃えた。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625013
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:国書  小野篁  榎本武揚  鼠小僧次郎吉  

   


  1. ◆「日系人兵士」の関連ワード

  2. 国書

  3. 小野篁

  4. 榎本武揚

  5. 鼠小僧次郎吉


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典