見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・16日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から9日
    ┗「小雪」まで6日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 蝉時雨【せみしぐれ】


蝉の声は夏から秋の季節暦



 セミが騒がしく鳴き立てるようすを時雨の音にたとえて蝉時雨という。蝉も蝉時雨も夏の季語だが、ヒグラシとツクツクボウシは秋の季語。セミの種類(鳴き声)とその出現期間(時間帯)は次のとおりである。
・ニイニイゼミ(チーチー……)
 梅雨明け~九月(七月末がピーク
・アブラゼミ(ジージジー……)
 七~九月(主に午後から夕方)
・ミンミンゼミ(ミーンミンミン……)
 七~九月。広葉樹の幹などで鳴く
・クマゼミ(シャーシャー……)
 七~九月。関東以西、とくに関西に多い
・ヒグラシ(カナカナカナ……)
 七~八月(朝夕、林中で鳴く)
・ツクツクボウシ(オーシツクツク……)
 八月(晩夏)~九月

【出典】 日本実業出版社(著:吉岡 安之)
暦の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5040159
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:後の薮入り  長月  盆踊り  魂祭  

   


  1. ◆「蝉時雨」の関連ワード

  2. 後の薮入り

  3. 長月

  4. 盆踊り

  5. 魂祭


A D

暦の雑学事典について
身近な話題から歳時記まで、暦の蘊蓄が盛り沢山。「暦はなぜコヨミというのか」「一週間はなぜ七日なのか」「曜日名は世界共通ではない」など知っているとちょっと楽しい知識を紹介。
この言葉が収録されている辞典

 暦の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】暦の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】吉岡 安之
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】198
  • 【発売日】1999年12月
  • 【ISBN】978-4534030214










関連辞典
暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典