見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 占星術【せんせいじゅつ】


占星術は暦よりも古い



◆中国の天変占星術とバビロニアの宿命占星術
 科学が未発達であった昔は、天文学も暦法も占いも混然一体となっていた。そもそも天文とは天変と同義であり、天文学とは日月星辰の運行を観測して、異変があればその意味を解釈する天変占星術にほかならなかった。古代中国においては、天の意志を世の中伝えるのが天子の役目だったから、占星術政治的な意味をもった天変占星術として発展した。天文観測に基づく中国の複雑で精緻な太陰太陽暦は、天変占星術から派生して生まれたものである。
 西洋占星術ルーツはバビロニアのカルデア人の占星術である。カルデア人は星の運行が個人の人生を決定づけると信じていた。とりわけ重視されたのは誕生日で、ここからホロスコープという宿命占星術生まれヘレニズム時代にギリシア天文学と合体して理論的に補強された。天動説を完成したプトレマイオスが著した『テトラビブロス』は、現在にいたるまで西洋占星術バイブルとして利用されているという。
 バビロニアの宿命占星術インド占星術と合体し、八世紀に仏教僧によってセイロンから中国にもたらされ、九世紀初めに密教とともに日本にも渡来した。現代日本の広い意味での星占いは、中国起源の天変占星術、バビロニア起源の宿命占星術、そして明治以降のヨーロッパ占星術(バビロニア起源、イスラム経由)とが共存している。

【出典】 日本実業出版社(著:吉岡 安之)
暦の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5040038
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

暦の雑学事典について
身近な話題から歳時記まで、暦の蘊蓄が盛り沢山。「暦はなぜコヨミというのか」「一週間はなぜ七日なのか」「曜日名は世界共通ではない」など知っているとちょっと楽しい知識を紹介。
この言葉が収録されている辞典

 暦の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】暦の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】吉岡 安之
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】198
  • 【発売日】1999年12月
  • 【ISBN】978-4534030214










関連辞典
暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典 暦の雑学事典