見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「水」に関する慣用句・故事・成語・ことわざ



[雨露(あめつゆ)をしのぐ]雨や露など、人が生活していく上で障害となるものに耐える、我慢することから、最低生活をたとえていう。
[知者(ちしゃ)は水(みず)を楽(たの)しむ]知恵のある人は、知が水のよどみなく流れるようすによく似てよく働くので、水を好み楽しむ
[茶(ちゃ)は水(みず)が詮(せん)]おいしい茶をたてるのには、結局、よい水を選ぶことが肝心であるということ。「詮」は大事なもの。
[所変(ところか)われば水変(みずか)わる]異なった土地では飲み水の質が変わるから、自分の体質に合うかどうか注意すべきであるということ。また、土地が変われば風俗・習慣なども違うという意にも使われる。
[末期(まつご)の水(みず)]死に際に口にふくませてやる水。《類》「死(し)に水(みず)」。
[酔(よ)い醒(ざ)めの水下戸知(みずげこし)らず]酒を飲んだあと、のどが渇いて飲む水のうまいことといったら酒を飲まない人には分からない。経験しなければその妙味が分からないたとえ。
[酔(よ)い醒(ざ)めの水(みず)は甘露(かんろ)の味(あじ)]酔ったあと、眠りからさめて、渇いたのどを潤すために飲む水は、まるで甘露のようにおいしいということ。「甘露」は、王が仁政を施すと天から降るという甘い水。中国の伝説に由来する。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382173
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「水」に関する慣用句・故事・成語・ことわざ

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典