見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「食べる・飲む」に関する故事・成語・ことわざ



[朝腹(あさばら)の茶漬(ちゃづ)け]腹がすいている朝飯前茶漬けを食べても、あまり腹のたしにならない。少しもこたえない、また、ごくたやすいことのたとえ。
[渇(かっ)しても盗泉(とうせん)の水(みず)を飲(の)まず]どんなに苦しく困ったときでも決して不正なことには手を出さない。「盗泉」は中国にあった泉の名。孔子はその名を嫌い、その水を飲まなかったという。出典は『淮南子(えなんじ)』。
[錦衣玉食(きんいぎょくしょく)]美しい衣服とりっぱな御馳走。また、ぜいたくな暮らしのこと。
[鯨飲馬食(げいいんばしょく)](⇒「酒(さけ)」230ページ)
[里腹三日(さとばらみっか)]実家に帰ると存分に食べるので、三日は空腹を感じないということ。
[酒CID(7770)飯袋(しゅのうはんたい)]酒ぶくろと飯ぶくろの意で、酒を飲み飯を食うばかりで、無為に暮らす人をののしる言葉。
[暖衣飽食(だんいほうしょく)]暖かな衣服をまとい、飽きるほどに食べること。何の不足もない暮らし
[飲(の)む者(もの)は飲(の)んで通(とお)る]酒を飲むことは大きな浪費だが、酒飲みはそれでもなんとか食っていくものである。
[無芸大食(むげいたいしょく)]身についた技芸もなく、ただ食べる量だけが多い。また、そのような無能な人。
[夜食過(やしょくす)ぎての牡丹CID(7799)(ぼたもち)]夜の食事で満足した後にうまい牡丹CID(7799)をもらってもありがたくないことから、時機が過ぎてしまって値打ちが下がったり、ありがたみが薄らぐたとえ。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382124
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「食べる・飲む」に関する故事・成語・ことわざ

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典