見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:23
    月名(旧歴日):二十三夜待ち(にじゅうさんやまち)/真夜中の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 「聞く・聞こえる」に関する慣用句



[音(おと)に聞(き)く](⇒「評判(ひょうばん)」450ページ)
[聞(き)きしに勝(まさ)る]話に聞いていた以上である。
[聞(き)き捨(ず)てならない]聞き流すわけにはいかない。聞いたことが無視できない。
[聞(き)き耳(みみ)を立(た)てる]注意を集中してよく聞こうとする。《類》「耳(みみ)を澄(す)ます」「耳(みみ)をCID(14597)(そばだ)てる」
[聞(き)く耳持(みみも)たぬ]相手の言うことを聞こうとしない。
[耳目(じもく)に触(ふ)れる]聞いたり見たりする。目や耳にはいる。
[他聞(たぶん)を憚(はばか)る]他人に聞かれると、さしさわりがある。他人に聞かれるのを恐れる。
[耳(みみ)が遠(とお)い]耳がよく聞こえない。
[耳(みみ)が早(はや)い]物事を素早く聞き知っている。
[耳(みみ)に入(い)れる]話を聞かせる
[耳(みみ)にCID(14194)胝(たこ)ができる]何度も同じことを聞かされて聞き飽(あ)きている。
[耳(みみ)に付(つ)く]飽きるほどに聞いている。
[耳(みみ)に入(はい)る]話などが自然に聞こえてくる。《類》「耳(みみ)に触(ふ)れる」「耳朶(じだ)に触(ふ)れる」
[耳(みみ)に挟(はさ)む]ちらっと聞く。《類》「小耳(こみみ)に挟(はさ)む」「耳(みみ)にする」
[耳(みみ)を貸(か)す]相手の話を聞く。また、聞こうとする。
[耳(みみ)を傾(かたむ)ける]熱心に聞く。よく注意して聞く。
[耳(みみ)を塞(ふさ)ぐ]聞かないようにする。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4382056
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    「聞く・聞こえる」に関する慣用句

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典