見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 睡眠の様態からみた「眠る」



[心身を休めるため自然に無意識の状態に陥る]眠(ねむ)る・睡(ねむ)る・眠(ねぶ)る・睡(ねぶ)る・寝(ね)る・寐(ね)る・寝(ぬ)る・寐(ぬ)る・寝(い)ぬ・寝(い)ぬる・潜(ひそ)まる・睡眠(すいみん)・睡臥(すいが)・就眠(しゅうみん)・夢寐(むび)・交睫(こうしょう)・寝付(ねつ)き・寝(しん)・寝(い)・寝(ぬ)・寐(ぬ)
[眠りの幼児語]ねんね・おねんね・ねね・ねんねこ
[眠りの世界に入る]寝付(ねつ)く・寝入(ねい)る・眠(ねむ)り込(こ)む
[眠って夢を見る]夢寐(むび)
[夢の異称]寝(ぬ)る魂(たま)
[夢の中]睡郷(すいきょう)
[眠気を催す]催眠(さいみん)
[しばらくの間うとうととして]微睡(まどろ)む・疎眠(おろねぶ)る
[うとうととするさま]まんじり
[眠そうな目]眠(ねむ)り目(め)・眠(ねぶ)り目(め)
[眠そうな声]眠(ねむ)り声(ごえ)・眠(ねぶ)り声(ごえ)・寝惚(ねぼ)け声(ごえ)
[座ったまま]居眠(いねむ)り・居眠(いねぶ)り・座睡(ざすい)・坐睡(ざすい)
[ちょっとした眠り]一睡(いっすい)・一睡(ひとねむ)り・一眠(ひとねむ)り・一寝入(ひとねい)り・微睡(まどろみ)
[眠ってしまうつもりでなく]転(うた)た寝(ね)・転(ころ)び寝(ね)・ごろ寝(ね)・仮寝(かりね)・仮眠(かみん)・仮睡(かすい)
[ぐっすり]寝込(ねこ)む・眠(ねむ)りこける
[よく眠っている最中]寝込(ねこ)み
[眠れない]不眠(ふみん)
[眠ったふり]狸寝入(たぬきねい)り・狸寝(たぬきね)・狸(たぬき)・空寝(そらね)・空眠(そらねむ)り・空臥(そらぶ)し
[心安らかに]高枕(たかまくら)
[気持ちよく]安眠(あんみん)・快眠(かいみん)
[うれいに沈んで]愁眠(しゅうみん)・愁沈(しゅうちん)
[ふてくされて]不貞寝(ふてね)
[怠けて]惰眠(だみん)
[泣きながら]泣(な)き寝(ね)・泣(な)き寝入(ねい)り
[前後不覚に]昏睡(こんすい)・熟睡(じゅくすい)・熟眠(じゅくみん)・旨寝(うまい)・熟寝(うまい)
[いびきをかいて]鼾睡(かんすい)
[何度も寝返りする]輾転(てんてん)・展転(てんてん)
[眠気を覚ますこと。その手段]眠気覚(ねむけざ)まし・眠(ねむ)り覚(ざ)まし・眠(ねぶ)り覚(ざ)まし
[よく眠る人]眠(ねぶ)り人(びと)
[朝遅くまで]朝寝(あさね)・朝寝坊(あさねぼう)・寝坊(ねぼう)・長寝(ながね)
[昼に]午睡(ごすい)・昼寝(ひるね)・昼休(ひるやす)み
[宵の口から眠たがる]夕惑(ゆうまど)い・宵惑(よいまど)い・宵寝惑(よいねまど)い・夕寝惑(ゆうねまど)い
[宵のうちから]早寝(はやね)・宵寝(よいね)
[旅先で]旅寝(たびね)・草枕(くさまくら)・草(くさ)の枕(まくら)・旅枕(たびまくら)・笹枕(ささまくら)・薦枕(こもまくら)
[船中で]浮(う)き枕(まくら)・楫枕(かじまくら)・波枕(なみまくら)・船宿(ふなやど)り
[海辺近くで]磯寝(いそね)・磯枕(いそまくら)
[眠りの状態が終わる]覚醒(かくせい)・覚(さ)める・醒(さ)める・目覚(めざ)める・起(お)きる・寝覚(ねざ)め
[覚めるようにする]覚(さ)ます・醒(さ)ます・起(お)こす・目覚(めざ)ます
[むりに起こす]揺(ゆ)り起(お)こす・叩(たた)き起(お)こす
[目を覚まして起きる]寝起(ねお)き

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
日本語使いさばき辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4381448
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 日本語使いさばき辞典>>    >    睡眠の様態からみた「眠る」

A D

日本語使いさばき辞典について
日本語を具体的な意味・内容から引くことができる辞典。日常的によく使う125の基本語から縁戚語彙を状態・種別・形態・程度・その他のグループに分類し解説。和語・漢語から作歌にに役立つ基礎古語・歌語まで約740語を収録。また擬音、擬態語、慣用句、故事、成語、ことわざ等も掲載し豊かな日本語を再確認することができる。
この言葉が収録されている辞典

 日本語つかいさばき辞典


  • 【辞書・辞典名】日本語つかいさばき辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】740
  • 【発売日】1997年9月
  • 【ISBN】978-4755508288










関連辞典
日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典 日本語使いさばき辞典