見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 大処着墨【たいしょちゃくぼく】



大事な処から墨を着ける。書画や文章を書くとき、構想のポイントとなる所に着目しながら仕上げていくこと。転じて大所高所から物事を判断し、その本質・目的をよく把握して仕事を進めるたとえ。同様の言葉に着眼大局がある。これは戦略構想の基本をいうたとえで、囲碁の布石に当たる。戦術の展開は着手小局でいくやり方である。
劉禹錫「挿田歌」。
画龍点睛を欠く。

【出典】 日本実業出版社(著:真藤 建志郎)
四字熟語の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 4373228
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:一将万骨  一葉知秋  金屋貯嬌  歓楽哀情  

   


  1. ◆「大処着墨」の関連ワード

  2. 一将万骨

  3. 一葉知秋

  4. 金屋貯嬌

  5. 歓楽哀情


A D

四字熟語について
日本人として知っておきたい四字熟語の辞典。日常さまざまなところで使われる四字熟語から、ふだんあまり目に触れることのない四字熟語まで約1,000語収録。解説文には同義語・反意語・類語なども盛り込まれている。
この言葉が収録されている辞典

 「四字熟語」の辞典


  • 【辞書・辞典名】「四字熟語」の辞典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】真藤 建志郎
  • 【書籍版の価格】1,467
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】1993年8月
  • 【ISBN】978-4534020482










関連辞典
四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典