見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ぱさぱさに乾いてゆく心をひとのせいにはするなみずから水やりを怠っておいて



名言名句
ぱさぱさに乾いて
ゆく心をひとのせいにはするなみずから水やりを怠っておいて
【解説】
 最近の自分はどうもまずい、と思うことがある。心がぱさついているようで、しみじみと感じることが少なくなった。気難しくなってきたようにも思う。まだ初々しかったころの夢もすっかり色あせてしまった。どうしてこんなことになってしまったのだろうかと、あれこれ考える。いろいろな理由が浮かんでは消えていくのだが、結局のところ、その一つひとつはすべて自分の心のありように帰するのである。詩人はこの詩を「自分の感受性ぐらい 自分で守れ ばかものよ」と結んだ。
【作者】茨木のり子
【生没年】1926~2006
【職業】詩人
【出典】『自分の感受性くらい』
【参考】ひとり暮らしをしていた茨木のり子が自宅で死去しているのが発見されたとき、死亡日時と死因をあとから書き込めるようにした「このたび私○○にてこの世におさらばすることになりました。これは生前に書き置くものです」という文面の知人にあてた死亡通知と遺書が既に用意されていた。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
名言名句の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5450459
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 名言名句の辞典>5自己>自分を見つめる    >    ぱさぱさに乾いてゆく心をひとのせいにはするなみずから水やりを怠っておいて

A D

名言名句の辞典について
日本語を使いさばくシリーズ。古今東西偉人賢人の名言名句を約700収録。やさしい言葉・はげまされる言葉・びりっとした言葉など味わい深いフレーズを厳選。スピーチやメッセージに活用したい。
この言葉が収録されている辞典

 名言名句の辞典


  • 【辞書・辞典名】名言名句の辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】700
  • 【発売日】2008年4月
  • 【ISBN】978-4755508141










この書籍の関連アプリ

 アプリ

名言名句の辞典

名言名句の辞典

  • 定価:960
  • 古今東西偉人賢人の名言名句およそ70...>>続く
Google Play

関連辞典
名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典