見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 大地を一歩一歩踏みつけて、手を振っていい気分で、進まねばならぬ急がずに、休まずに



名言名句
大地を一歩一歩
みつけて、手を振っていい気分で、進まねばならぬ急がずに、休まずに
【解説】
「暗夜行路」とは、人生のよりどころを見失った人間が手探りで前進することを意味している。この言葉は、目まぐるしく動く世の中に引きずられてあくせくとしやすい現代人に重い響きを与える。足を地につけて、心をおおらかに、ゆっくりと着実に歩む、人生にも仕事にもこういう態度でありたい。
「闇夜の一灯」という言葉もあるが、小さな光を頼りに、広い原野の中に歩みを進めていく、ひたむきな姿は、共感を呼ぶ。
【作者】志賀直哉
【生没年】1883~1971
【職業】作家
【出典】『暗夜行路』
【参考】『暗夜行路』は、志賀直哉唯一の長篇小説。完成まで十七年を要した大作である。主人公精神的闘争は、芥川龍之介をはじめ同時代の作家や読者に大きな影響を与えた。また、無駄のない文章は文体の一つの理想とされ、志賀はその代表作の一つ『小僧の神様』にかけて「小説の神様」と呼ばれた。

【出典】 あすとろ出版(著:現代言語研究会)
名言名句の辞典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5450008
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 名言名句の辞典>1人生>人生を切りひらく    >    大地を一歩一歩踏みつけて、手を振っていい気分で、進まねばならぬ急がずに、休まずに

A D

名言名句の辞典について
日本語を使いさばくシリーズ。古今東西偉人賢人の名言名句を約700収録。やさしい言葉・はげまされる言葉・びりっとした言葉など味わい深いフレーズを厳選。スピーチやメッセージに活用したい。
この言葉が収録されている辞典

 名言名句の辞典


  • 【辞書・辞典名】名言名句の辞典[link]
  • 【出版社】あすとろ出版
  • 【編集委員】現代言語研究会
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】700
  • 【発売日】2008年4月
  • 【ISBN】978-4755508141










この書籍の関連アプリ

 アプリ

名言名句の辞典

名言名句の辞典

  • 定価:960
  • 古今東西偉人賢人の名言名句およそ70...>>続く
Google Play

関連辞典
名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典 名言名句の辞典