見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・12日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から5日
    ┗「冬至」まで10日
    友引
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 気功師①【きこうし】


鍼灸師とは針を持った気功師



◆ツボにただ針を刺しても効かない
 東洋医学の知識のない人が、針を上手に刺す技術とツボの位置、そしてそのツボがどういう症状に効くかを、ハウツー的に教えてもらったとします。覚えが早くて手先がある程度器用なら、外見上は鍼灸の専門家と同じようなことができるでしょう。しかし、これだけで病気を治すことができるかといえば、疑問符がつきます。
 仮に何でもかんでも針を刺せば効くというのであれば、現代医学と東洋医学の治療を分ける必要はなく、現代医学の解剖学をもとに針を使えばいいはずです。ところが、物理的な技術と知識だけでは針の効能を100%引き出すことはできません。
 漢方薬の場合と同じように、鍼灸の針はただの道具にすぎません。東洋医学の生理観と病理観に基づいた治療でなければ、意味をなさないのです。

◆針は気を送るための道具
 針治療の最大の眼目は、経絡を流れている気に働きかけ、気を通じて効果を発揮させることにあります。
 気に働きかけるのは、治療する鍼灸師です。鍼灸師が何を使って気に働きかけるのかというと、針そのものではありません。針は金属ですから、目に見えない気を刺すことはできません。鍼灸師は自分自身の気を使って患者の邪気にアプローチするのです。その媒介として針を使っているということになります。
 疼痛(ずきずきとうずく痛み)があるときに、これを現代医学的な観点から針治療しようとする人は、疼痛を起こしている神経の付近に針を打って筋肉の緊張をほぐそうとしたりします。しかし、これだと解剖学的意識によるものですから、気を使っていることにはなりません。
 東洋医学的な病理のメカニズムに基づいて治療するのなら、「このツボを使って経絡をこう流し、ここの部分の気を補おう」とか「この経絡を使って、この部分からこういう邪気を取り除こう」というようなイメージが必要です。気の意識がないと、いくら針を刺しても鍼灸師の気は患者に伝わっていきません。

◆鍼灸師と気功師
 自分の気を患者に送り、経絡中を誘導して治療したい部分の気血や病邪に働きかけるのが鍼灸師であり、あくまでも使うのは「気」という点から、鍼灸師は「針を持った気功師だ」ということもできます。
 このたとえを気功師に応用すると、気功師とは「針という直接的な媒介物を持たずに、気を遠隔操作する鍼灸師だ」と考えてもいいでしょう。
 最近の気功師の中には、現代医学の診断結果を聞いて、肝臓が悪いといえば肝臓の部位に手を当てて気功だとするような人もいるようですが、鍼灸と同様に東洋医学の診断に合わせイメージした方が、効果は大きいと思います。

【出典】 日本実業出版社(著:関口善太)
東洋医学のしくみ

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5030095
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:針治療①  ひびき感①  その他の経絡とツボ  十二正経  

   



A D

東洋医学のしくみについて
東洋医学の正しい知識がわかる本。「病気はなぜ起こるのか」「そしてどうやって治すのか」「病気の証とは何か」など現代医学とは違う視点・考え方で詳しく解説。
この言葉が収録されている辞典

 東洋医学のしくみ事典


  • 【辞書・辞典名】東洋医学のしくみ事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】関口善太
  • 【書籍版の価格】1,620
  • 【収録語数】115
  • 【発売日】2003年7月
  • 【ISBN】978-4534036179










関連辞典
東洋医学のしくみ 東洋医学のしくみ