見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立春」から12日
    ┗「雨水」まで3日
    赤口
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 子宮内膜炎【しきゅうないまくえん】



 子宮内腔表面は子宮内膜という粘膜におおわれています。受精卵が着床する粘膜、妊娠が成立しなかった場合に、月経で剥(は)がれ落ちてくる粘膜です。
 子宮内腔の内膜に炎症が起こった状態が子宮内膜炎ですが、炎症の原因のほとんどは細菌感染です。膣、子宮頸部から感染が広がっていく上行性感染と結核や虫垂炎などの腹腔内の炎症が波及する下行性感染とがあります。不妊症検査中に結核性内膜炎と診断されたりすることがありますが、多くは上行性感染によって起こります。純粋に子宮内膜炎だけが起こることはむしろ少なく、骨盤腹膜炎の一部分として、あるいは付属器炎に合併するかたちで発症します。
 女性器には、本来何段階かの感染防御機構があります。膣にはデーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌の仲間がいて、膣内を酸性に保っています。酸性に弱い菌の侵入を防いだり、活動を抑えたりしています。子宮頸部では、粘液の中に含まれる抗体が病原体の侵入を防いでいます。また、排卵期以外では粘液の粘性が高く、菌は頸管を通過できません。このような防御機構が何らかの理由で崩れた場合に、上行性感染を許してしまうことになります。
 上行性感染の原因として、まず淋菌性頸管炎、クラミジア頸管炎などの性感染症の拡大があげられます。妊娠と関係したものでは、流産時、分娩時の処置によるものや胎盤の成分の一部が残ってしまい感染の原因になる場合などがあります。避妊リングが何年にもわたり放置された場合など、子宮内の異物は高頻度に感染の原因になります。子宮頸ガンでは、腫瘍(しゅよう)が大きい場合に子宮腔内からの分泌物が排泄(はいせつ)されにくくなり、子宮腔内にうっ滞し子宮留膿腫という状態になることがあります。子宮体ガンでも、子宮腔内にガンが壊死(えし)した残骸が内膜炎の原因になる場合があります。また、閉経後の高齢者では、子宮の萎縮とともに子宮口が閉鎖してしまい、子宮留膿腫になる場合があります。
 どのような場合にも共通する症状は発熱と下腹部痛です。膿性の分泌物があったり、腹腔内に溜まった膿が直腸を刺激して頻回の下痢が起こることもあります。
 治療は、内膜炎を起こしている原因によって違ってきます。感染の原因菌を特定して抗生物質を投与します。異物が原因になっている場合は、抗生物質の投与だけでは病状が改善しない場合が多く、遺残した胎盤や血腫(けっしゅ)あるいは放置された避妊リングなどを取り除き、子宮腔内をきれいにする必要があります。子宮留膿腫の状態であれば、子宮口を拡げる処置(頸管拡張術)を行って排膿します。
 重傷の場合には、抗生物質の治療で一旦感染が終息したようにみえても、膿が排出され切れずに残り、再燃を繰り返す場合があるので、完全な排膿の目的で開腹手術が行われる場合もあります。お腹の中に管(ドレーン)を置いて持続的に排膿したり、感染が残っている臓器を摘出したりします。 (片瀬功芳

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5036616
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>コラム>婦人科    >    子宮内膜炎

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)