見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・21日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「雨水」から2日
    ┗「啓蟄」まで13日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症【あせとんけっせいおうとしょう/けとんけっせいていけっとうしょう】


Acetonemic Vomiting/Ketotic Hypoglycemia



 本症は2~8歳のやせ型体質の神経質な子どもが感冒や精神的ストレスにより食事を摂取できなくなることにより発症する病態です。男児が多いことが特徴です。食事からの糖の補給がないことにより、低血糖とケトーシスをきたして元気がなくなり嘔吐を発症します。食事からの糖の補給がないと、肝に貯蔵されているグリコーゲンはブドウ糖に変換されて使用されます。しかし、その代償機能は数時間しか維持できず、すぐにグリコーゲンは枯渇(こかつ)します。そこで、筋タンパク(糖原性アミノ酸)が動員され分解されてアラニンとなり、さらにピルビン酸を経てブドウ糖に分解され、低血糖防止のための調節機能が働きます。一方、空腹時にはグルカゴン、絶食時には副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)により脂肪は分解され、脂肪酸とグリセリンとになります。脂肪酸は肝臓でケトン体(アセト酢酸と3-ヒドロオキシ酪酸)に変換され、筋や脳でのエネルギー源として使用されます。低血糖や血中のケトン体の増加は本症に認められる症状の原因となります。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035290
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>小児科    >    アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症
  1. ◆「アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症」の関連ワード

  2. 夜尿症(おねしょ)

  3. チック

  4. てんかん(小児)

  5. 熱性けいれん


A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)