見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・21日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「雨水」から2日
    ┗「啓蟄」まで13日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 一過性脳虚血発作【いっかせいのうきょけつほっさ】


Transient Cerebral Ischemic Attack:TIA



 いろいろな原因により脳の循環障害が起きますが、[1]突然発症した神経症状が、出現してから長くても24時間以内に消失し何事もなかったかのように戻ってしまう場合を一過性脳虚血発作(TIA)、[2]神経症状が24時間以上続き、3週間以内に消失する場合にはRIND(「リンド」と呼ぶ。Reversible Ischemic Neurological Deficits:可逆性虚血性神経脱落)、[3]症状が3週間以上ないし永久的に存続する場合を完成卒中(complete[d] stroke)といいます。TIAの原因としては頸動脈や椎骨(ついこつ)動脈に粥状硬化(じゅくじょうこうか:アテローム)がある時、そこにできた小さな血栓(血漿板凝集塊〈けっしょうばんぎょうしゅうかい〉)の一部がはがれて脳に飛び、血管を閉塞して症状がでます。血栓が比較的早く溶解し、脳の血流が正常に戻ると出現した症状も速やかに消失すると考えられています。TIAは危険な脳梗塞発作(大発作)の予告であるという意味で重要です。初回のTIAから5年以内に大発作が起こる確率は、20~40%と報告されています。またTIAは大きな脳梗塞の前兆のみならず、心筋梗塞の予兆ともなっていることが指摘されており、この点からもTIAの治療も早期に行う意味があります。一説によると、TIAの患者さんの1割強が、初回のTIA発作後8年以内に心筋梗塞を起こすと報告されています。

【出典】 日本医療企画(著:寺下 謙三)
標準治療(寺下医学事務所)

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5035030
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 標準治療(寺下医学事務所)>病名>脳神経    >    一過性脳虚血発作

A D

標準治療(寺下医学事務所)について
あなたの最適な治療法がわかる本。誰もがかかる可能性の高い代表的な疾患約570を収録、各疾患ごとに最適な治療法を具体的に解説している。また、治療を受ける上で気になる医療用語、診療科別の名医紹介、コラムなども掲載している。
関連電子書籍
私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療…
この言葉が収録されている辞典

 標準治療


  • 【辞書・辞典名】標準治療[link]
  • 【出版社】日本医療企画
  • 【編集委員】寺下 謙三
  • 【書籍版の価格】5,142
  • 【収録語数】1,787
  • 【発売日】2006年7月
  • 【ISBN】978-4890417162










関連辞典
標準治療(寺下医学事務所) 標準治療(寺下医学事務所)