見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・8日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から1日
    ┗「冬至」まで14日
    仏滅
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 時【とき】


名/形名



【一】(名)【1】とどまることなく流れ行くと、意識がとらえた現象で、過去から現在、未来へと連続する。「―は流れる」【2】一昼夜を区分したもので、時刻を示す。現代は二十四等分しているが、むかしは、十二等分していた。「―を告げる鐘の音」「昼―(どき)(=昼ごはんを食べる時刻)」「―を作る(=おんどりが決まった時刻に鳴く)」【3】【1】の流れを、ある範囲で区切った部分。「日の出の―」「青葉の―(=季節)」「若い―は二度とない」「試練の―」「国家存亡の―(=国が滅びるか否かの重大な時期)」▽「国家存亡の―」の場合は「秋」とも書く。【4】【1】の流れの中で、特に価値のあると考えられる部分。「―を待つ(=よい機会をうかがう)」「―を得る(=大活躍の機会に恵まれる)」【5】〔「―の」の形で〕その時の。話題になっている。「―の外務大臣」【二】(形名)〔行為や状態を表す連体修飾語を受けて〕前提条件を示す。…の場合。「留守の―は隣家にご連絡ください」「意味がわかった―、とても恐ろしかった」▽【二】はふつう仮名書き。

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 705243130
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:時として  時ならぬ  土管  尖る  

   


  1. ◆「時」の関連ワード

  2. 時として

  3. 時ならぬ

  4. 土管

  5. 尖る


A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版