見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 立てる・建てる【た・てる】


他下一



【1】〔立てる〕ものをある場所に縦の状態にする。【ア】まっすぐに据える。「倒れた木を―」「立て札を―」「びんを―」【イ】細長いものやとがったものを表面に突き出させる。「とげを―」「歯を―」【ウ】ある位置につかせる。「彼を候補者に―」「代表を―」【エ】戸や障子などをしめる。「戸を―」【2】〔立てる〕ある場所から起こして、他の場所に向かわせる。【ア】横になっているものを起こす。「ひじを―」【イ】低い所から高く上げる。「砂ぼこりを―・てて走り去る」【ウ】出向かわせる。「使者を―」【3】〔立てる〕ある現象や作用が現れるようにする。【ア】風・波などが現れるようにする。「波を―」【イ】声や音を生じさせる。「音を―・てて歩く」「声を―・てるな」【ウ】はっきり示す。「誓いを―」「志を―」【エ】感情をたかぶらせる。「腹を―(=おこる)」【オ】あるものを人に知られるようにする。「変なうわさを―・てられた」「名を―」【カ】液体をかき回す。転じて、茶の湯をする。「茶を―」【キ】ふろをわかす。「ふろを―」▽【カ】は「点てる」とも書く。【4】〔立てる〕物事を成り立たせる。【ア】よく用に使う。「役に―」【イ】(顔・義理などを)傷つけずに保たせる。「彼女の顔も―・ててやれ」【ウ】保ち続かせる。「暮らしを―」【エ】一人前にりっぱにやっていくようにする。「身を―」【オ】理論・筋道を通す。「筋道を―・てて話す」「順序を―・てて仕事をする」【カ】はっきり定める。決める。「計画を―」「予算を―」【キ】一段高いものとして尊敬して扱う。「親を―」「年寄りを―」【5】物事を新たに設ける。【ア】〔建てる〕建造物をきずく。「家を―」「銅像を―」【イ】新たに作り示す。「新記録を―」「願を―」【6】〔立てる〕〔動詞の連用形について〕その動作を盛んにする意を表す。「言い―」「飾り―」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 705190100
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:縦割り  打点  だてら  立て役者  

   


  1. ベネッセ国語辞典 電子特別編集版>た行>た・    >    立てる・建てる
  1. ◆「立てる・建てる」の関連ワード

  2. 縦割り

  3. 打点

  4. だてら

  5. 立て役者


A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版