見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 置く・▽措く【お・く】


他五/自五



【一】(他五)【1】〔置く〕人や物事に場所・状態を占めさせる。【ア】人や物に場所を与える。「下宿人を―」「本を机の上に―」【イ】制度・施設・役目を作り設ける。「村に駐在所を―」「秘書を―」「番人を―」【ウ】預ける。「時計を質に―」【エ】箔(はく)や蒔絵(まきえ)をつけ施す。「金粉で―・いた家紋」【オ】そろばんや算木をあつかって結果を出そうとする。「そろばんを―」【2】〔置く〕時間や距離を隔てる。「三日―・いてまた来た」「車間距離を―・いて走れ」【3】〔置く〕人や物事をそのままの状態にとどめる。【ア】自分の身から離して、そのままにする。「老いた母を―・いて故郷を出た」「傘を家に―・いて来た」【イ】止める。中止する。「その話はひとまず―として」「筆を―」「ただでは―・かない」▽【イ】は「措く」、「筆を―」の場合は「擱く」を使うことがある。【4】〔措く〕除く。別にする。「彼を―・いて適任者はいない」「何はさて―・き」【5】〔置く〕〔動詞の連用形、またそれに「て」のついた形に続いて〕動詞が表す状態や結果をそのままに保つ意を加える。「捨て―」「眠らせて―」「パンを買って―」▽【5】はふつう仮名書き。【二】(自五)〔置く〕露や霜がおりる。「葉末に―露」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 704908920
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:屋外  奥書      

   


  1. ベネッセ国語辞典 電子特別編集版>あ行>お・    >    置く・▽措く
  1. ◆「置く・▽措く」の関連ワード

  2. 屋外

  3. 奥書




A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版