見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    赤口
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 入れる・▽容れる・淹れる【い・れる】


他下一



【1】〔入れる〕ある特定の範囲・環境・状態に移す。【ア】特定の範囲内に移す。収める。「ミカンを箱に―」「野菜を冷蔵庫に―」「ポケットに手を―」{対}出す 【イ】特定の環境に移す。「娘を大学に―」「病院に―」【ウ】新たに加える含める。「点を―」「グループに―」「計算に―」「口を―(=意見をさしはさむ)」「文章に手を―(=文章に加筆修正をする)」「社員を―(=社員を雇う)」【エ】ある状態にする。「頭に―(=理解し、記憶にとどめる)」「手に―(=自分のものとする)」「耳に―(=聞き知る。または、相手に話す)」「肩を―(=一生懸命応援する)」「本腰を―(=本格的取り組む)」「身を―(=興味をもって熱中する)」「念を―(=十分に注意する)」【オ】その行為をする。「電話を―」「わびを―」「泣きを―」【カ】それが働くようにさせる。「暖房を―」「スイッチを―」{対}切る【2】〔入れる・容れる〕受け入れる。【ア】収容する。「教室に―人数」【イ】聞き入れる。他人の意見を認めて従う。「忠告を―」【3】〔入れる・淹れる〕湯をついだり、わかしたりして飲めるようにする。「お茶を―」

【出典】 ベネッセコーポレーション(著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 704883110
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. ベネッセ国語辞典 電子特別編集版>あ行>い・    >    入れる・▽容れる・淹れる
  1. ◆「入れる・▽容れる・淹れる」の関連ワード


  2. 色の白(しろ)いは七難(しちなん)隠(かく)す

  3. 入れ物

  4. 入れ目


A D

ベネッセ国語辞典について
『福武国語辞典』を元に編集した電子特別編集版。日々の仕事・生活の中で使われる言葉や意味、用法が重要な現代語を中心に約6万語を収録。文章を書く際に役立つよう用例を多く掲載するなど使いやすさを追求した国語辞典。
この言葉が収録されている辞典

 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版


  • 【辞書・辞典名】ベネッセ国語辞典 電子特別編集版[link]
  • 【出版社】ベネッセ
  • 【編集委員】樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
  • 【書籍版の価格】2,571
  • 【収録語数】60,000
  • 【発売日】-
  • 【ISBN】-










関連辞典
ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 ベネッセ国語辞典 電子特別編集版