見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・17日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から11日
    ┗「大寒」まで3日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 さまざまに活用される「レーダー」



レーダーの技術は第二次世界大戦中(1939~45年)に実用化された。

電波を当て、その反射波で物体の位置を知るというシステムだ。

戦闘機ほどの小さな物体の位置を正確に知るためには電波の波長が短くなければならず、また、検知力をよくするには大出力でなければならない。

そこで開発されたのが、現在家庭でも利用されている電子レンジのマイクロ波発信装置マグネトロンである。

ところで、反射波から相手の正確な位置を知るには高性能のアンテナが必要である。

そこで利用されたのが、日本人の八木秀次、宇田新太郎の発明した「八木アンテナ」だった。

現在、テレビの受信アンテナに利用されているものだ。

第二次世界大戦の日本の敗因の一つはレーダー開発の遅れだといわれる。

相手国に自国の発明が利用されたのは、歴史的皮肉である。

レーダーは軍事用に開発されたものだが、現在では飛行機や船の運航には不可欠だ。

また、気象予報にもなくてはならないシステムである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567127
    0
  •      
  •      



▼関連キーワード:タンクレストイレ  鍵と錠  潜水艦  ロケット  

   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』の紹介


  1. 雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2>コラム>    >    さまざまに活用される「レーダー」
  1. ◆「さまざまに活用される「レーダー」」の関連ワード

  2. タンクレストイレ

  3. 鍵と錠

  4. 潜水艦

  5. ロケット


A D

著者
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編! 「日頃よく使っているモノ」あるいは「意識しなかったけど、じつは身近にあるモノ」などに活かされている“技術・しくみ"について、豊富な図版をまじえながらシンプルに解説する本。 モノの技術やしくみが少しでもわかると、そのモノへの愛着と興味が増し、何気なく手にしたり触れたりするモノが、より身近になります。 本書を通じて、「科学技術の結晶」たちのスゴ技を、とくと堪能してください!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』書籍版
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2がよくわかる書籍/商品
大好評を得た既刊『身のまわりのモノの技術』の待望の続編!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D