見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・5日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「小雪」から13日
    ┗「大雪」まで2日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ブロードバンドの上りと下り


ブロードバンドの広告を見ると、「上り」と「下り」の通信速が異なっているものが多い。どうしてだろう。



インターネットのサービスに加入しようと思うと、気になるのが通信速度である。

この値が小さいと、きれいな動画が見にくくなる。

宣伝のパンフレットやホームページを調べると、その最大速度が2段に分けられていることに気づく。

例えば、最近話題のブロードバンドサービスのWiMAXでは、「上り15・4Mbps、下り40Mbps」とある。

この「上り」「下り」の最大通信速度の違いはどうして生まれるのだろうか。

この違いを理解するために、通信回線を「両側4車線の高速道路」に、回線上でやり取りされるデータを「時速100キロで走る自動車」に、例えてみよう。

ゴールデンウィーク初日の昼前と仮定し、下り車線が大混雑し、上り車線は空(す)いていると状況をイメージしてほしい。

このとき、「両側4車線の高速道路」の上り・下りを2車線ずつ対称にするのは不合理だ。

例えば上りを3車線、下りを1車線というように、混んでいるほうの車線を増やし、空いているほうの車線を減らすのが合理的である。

こうすれば、自動車の流れる最大量は下りが上りより大きくなり、全体としてスムーズな走行が可能になる。

このアナロジーは、そのまま通信回線にも適用できる。

個人がインターネットを利用する際、インターネットから得る「下り」のデータ量のほうが、インターネットに送る「上り」のデータ量よりも格段に多いのが普通だ。

そこで、「下り」にデータを流れやすくするのである。

「下り」のほうが「上り」よりも最大通信速度が大きい理由はここにある。

「車の速度を上げればいい」と思われるかもしれないが、それは不可能。

光速以上にはデータを速く送れないからだ。

「ならば、全体の車線数を増やせば?」と思われるかもしれない。

だが、それもできない。

車線数(すなわちチャンネル幅)は規格で決められており、勝手に増やすことはできないのだ。

したがって、上りと下りの車線数を適正に配分して対処するしかない。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567059
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介


  1. 雑学科学読本 身のまわりのモノの技術>ハイテク時代のモノの技術>    >    ブロードバンドの上りと下り

A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D