見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・25日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から4日
    ┗「芒種」まで12日
    赤口
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:20
    月名(旧歴日):更待月(ふけまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ファクス


ファクスが登場した頃、しくみを知らない人たちは「電線中を紙が伝わるの?」と驚いた。それほど革新的な商品だった。



インターネットや携帯のメールの普及で以前ほどは使われなくなったファクスだが、今でもファンは多い。

ファクスの起源は古く、電話よりも早い1843年にイギリス人が発明したそうである。

しかし、当時の技術では雑音が入り込んで実用化に至らなかったという。

日本で一般事務用として販売されたのは、それから1世紀以上も経った1973年である。

ファクスはスキャナーと信号処理用LSI、そして印刷機の三つを組み合わせた情報機器である。

まずは送信側から見てみよう。

書類を読むのはスキャナー部で、これはパソコンで利用するスキャナーと同じである。

文字や図を画像として光で読み取り、電気信号に変換する装置だ。

「目」に当たるものはデジカメでも利用されているCCDだが、形状は異なる。

CCDを長く一列に配置させたリニアイメージセンサーが利用されている。

スキャナーが読み取った画像はLSIで処理され、電話回線に送出される。

現在のほとんどのファクスはG3(Group3の略)と呼ばれる規格で、同規格にしたがって信号が圧縮される。

この圧縮のおかげで、白紙部を高速に送ることができる。

受信側に目を転じてみよう。

受信側のLSIは受け取った信号からG3規格にしたがって元の画像を再生し、内蔵のプリンターで印刷する。

このプリンターもパソコンで利用されるのと同一のしくみである。

オフィス用の高級機は、コピー機やプリンターとしても使える複合機が主流である。

しくみからわかるように、コピー機やパソコンシステムと共通する部品構成になっているからだ。

ところで、ファクスを手動で操作すると、最初にトンビの鳴くような「ピーヒョロロー」という音が聞こえる。

これは、相手のファクスと「前制御」と呼ばれる情報を取り交わしているのだ。

例えば、「これからA4の紙幅の原稿を送ります」というように、いわば挨拶(あいさつ)を交わしているのである。



【出典】 中経出版
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

→外部リンク

プロフィールを閉じる


  • 8567050
    0
  •      
  •      




   

『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』の紹介



A D

著者
身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!
→外部リンク
『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』書籍版
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
雑学科学読本 身のまわりのモノの技術がよくわかる書籍/商品
わかりやすい図解とともに解説しているポケット版雑学辞典です。

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

  • 出版社:中経出版
    著者:涌井良幸・涌井貞美
    価格:648円+税
    ISBN:978-4-8061-4455-7
この言葉が収録されている辞典

 中経出版「雑学科学読本 身のまわりのモノの技術」


  • 【著者・監修】涌井良幸・涌井貞美[link]
  • 【Profile】中経出版
  • 【出版実績】
  • 【登録日】
  • 【最終更新日】










A D