見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から10日
    ┗「冬至」まで5日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 潜在自然植生【せんざいしぜんしょくせい】



1956年にドイツ国立植生図研究所所長のラインホルト・チュクセン教授によって発表された概念。土地本来の植生を意味し、人間の干渉がなくなると仮定したときに、その土地が支え得る植生のことを指す。土地ごとに本来あるべき樹木を見出し、その主木群を植樹することで強い森を再生しようとする理論。「植樹の神様」と呼ばれる宮脇昭氏によって、その理論が実践の場に持ち出された。逆に現在ある植生のことを「現存植生」と言う。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 5630174
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:壁面緑化  地産地消  eco検定  win‐win  

   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>JLogos>登録語    >    潜在自然植生
  1. ◆「潜在自然植生」の関連ワード

  2. 壁面緑化

  3. 地産地消

  4. eco検定

  5. win‐win


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】