見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・15日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から8日
    ┗「冬至」まで7日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:26
    月名(旧歴日):二十六夜(にじゅうろくや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ロシア隕石落下【ろしあいんせきらっか】





 ロシア中部ウラル地方のチェリャビンスク州で2013年2月15日、宇宙から飛来した隕石が大気圏で爆発。その衝撃波に見舞われた市街地では約4700棟の建物が屋根や窓ガラスが破壊されるなどの被害に遭い、1,200人を超える多数の住民らが負傷した。
 今回飛来した物質は不明だが(17日現在)、国立科学博物館によると、地球に落ちてくる隕石の約9割は文字通り石で出来ており、鉄や、石と鉄の混合物の場合もある。
 いわゆる流れ星は、地球をシールド上に覆う大気圏の熱で燃えているもので、燃え尽きずに地上に落ちてくるのが隕石になる。

 目撃記録のある隕石で、世界最古なのは平安時代の861年、日本の福岡県直方市に落下した「直方(のおがた)隕石」。地元神社に落ちてきた隕石は472グラムだった。
 ロシアでは帝政末期の1908年、シベリアの上空で「ツングースカ大爆発」が発生。隕石など宇宙からの飛来物が原因とみられ、半径約30キロの森林がなぎ倒された。この時の人的被害は確認されていないが、飛来物が市街地に落ちていた場合、甚大な被害が出ていた可能性がある。
 今回の爆発はツングースカ以来の規模で、多数の人的被害が出た事態は極めて珍しい。NASA(米航空宇宙局)の分析では、大きさが約17メートル、重さは約1万トン、大気圏突入時のスピードは秒速18キロ、広島型原爆の30倍強の衝撃だったと推定される。

 隕石の落下は地球上で年間2~300個程度あるとみられ、巨大な隕石については感知されているが、ロシアの隕石襲来は予測されていなかった。宇宙での軍事技術でリードする米国やロシアを中心に国際的な対策が求められそうだ。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12664838
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:プレステ  堀越 夏雄  五輪除外候補  一般教書演説  

   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>時事用語アーカイブ>    >    ロシア隕石落下
  1. ◆「ロシア隕石落下」の関連ワード

  2. プレステ

  3. 堀越 夏雄

  4. 五輪除外候補

  5. 一般教書演説


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】