見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 巨人契約金問題【きょじんけいやくきんもんだい】



(定義)プロ野球・読売巨人軍が1997~2004年、球界で当時申し合わせていた新人契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超過する2億5千万~10億円で、6選手と契約していた、とされる問題。朝日新聞が2012年3月15日付の朝刊で、複数の関係者証言や独自入手の内部資料を基に報じた。これに対し、巨人軍親会社の読売新聞は「当時の最高標準額は上限ではなく、ルール違反ではない」と反論している。

(ミニ解説)新人契約金の最高標準額は現在、07年11月に取り決められた上限額が設定され、違反した場合には制裁を科されるが、朝日新聞が報じた6選手の入団当時は上限額ではなく罰則もなかった。球界では1978年から30年近く、「最高標準額は上限ではなく緩やかな目安と認識されていた」(巨人軍)といい、2001年6月にはこの考えを明文化する形で12球団の合意文書が取りまとめられた。しかし、プロ野球の最高ルールである野球協約には盛り込まれなかった。07年に横浜と西武で最高標準額を超える契約が発覚した際には、根来泰周コミッショナー代行(当時)が厳重注意処分を科した。朝日新聞はこうした経緯や、巨人が6選手と最高標準額の6割増~6倍以上で契約していたとして「たとえ『緩やかな目安』だとしても度を越している」(12年3月17日付社説)と問題視。その後も関連記事を報道し、巨人が抗議、読売も紙面で反論するなど二大新聞社が応酬する展開となり、「新聞のサバイバル戦争が始まった」(コラムニスト・勝谷誠彦氏)という論評もある。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12664361
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:休眠口座  維新八策  破壊措置命令  ソーシャルグラフ  

   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>時事用語アーカイブ>    >    巨人契約金問題
  1. ◆「巨人契約金問題」の関連ワード

  2. 休眠口座

  3. 維新八策

  4. 破壊措置命令

  5. ソーシャルグラフ


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】