見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・10日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から3日
    ┗「冬至」まで12日
    友引
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:21
    月名(旧歴日):二十日余りの月(はつかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 獅子身中の虫【しししんちゅうのむし】



[意味]
獅子の体内に巣くう虫が、獅子の肉を食べ、ついには獅子を倒してしまう。このように内部から災いを招く者、味方を裏切る者を「獅子身中の虫」という。出典は「梵網経」というお経で、仏教に害を与える仏教徒を表す言葉として使われている。読みは「しししんちゅうのむし」。

[用法]
「彼は営業成績トップだが、自分に付いた顧客をごっそり抱えたままライバル社に移籍するという噂が絶えない。彼こそ獅子身中の虫だ」。「部長派の我々にとって、部長とも課長とも仲良くしている八方美人の彼は獅子身中の虫だ。我々の陰口は彼を通じて課長に筒抜けかもしれないな」。

[蛇足]
視点を変えれば「虫身外の獅子」。獅子を倒すほどの力を持った虫は利用価値も高い。ヒトを死に至らしめることもあるウイルスも、遺伝子治療の際、目的の遺伝子を特定の細胞に送り届ける運び屋(ベクター)として有効利用されている。獅子身中の虫的人物も、敵として糾弾するより味方として活用した方が賢明かもしれない。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660199
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:秋波を送る  屋上屋を架す  痛し痒し  間尺に合わない  

   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般    >    獅子身中の虫
  1. ◆「獅子身中の虫」の関連ワード

  2. 秋波を送る

  3. 屋上屋を架す

  4. 痛し痒し

  5. 間尺に合わない


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】