見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・14日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から7日
    ┗「冬至」まで8日
    赤口
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ハインリッヒの法則【はいんりっひのほうそく】



「1件の重大事故の裏には、29件のかすり傷程度の軽事故があり、その裏には事故には至らなかったもののヒヤリとするような300件の体験がある」という法則。これらの数字から、別名「1:29:300の法則」とも呼ばれる。

1931年に米国の損害保険会社で安全技師を務めるH.W.ハインリッヒ約50,000件の労働災害事故を分析した結果から導き出した。

1982年に起きたホテルニュージャパン火災、2005年に起きたJR福知山線脱線事故など、リスク管理の未熟さが一因となった人災が起きる度にこの法則が話題に上がる。

実際2004年に六本木ヒルズの自動回転ドアに6歳児が挟まれて死亡した事故では、それ以前に同じ回転ドアで32件の軽少事故が発生していた。「ヒヤリとするような300件」を拾い上げることは困難かもしれないが、次の「29件の軽事故」まで見過ごしてしまうと、文字通り命取りにつながる可能性もあるのだ。

「1件の重大事故」が起こってからではもう遅い。軽事故の時点でいかにして被害を食い止めるか、経営者責任者リスク管理手腕が問われるところだ。

【出典】 Ea,Inc.(著:JLogos編集部)
JLogos

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12660079
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. JLogos>登録語>一般    >    ハインリッヒの法則
  1. ◆「ハインリッヒの法則」の関連ワード

  2. HSDPA

  3. SRI

  4. パックマン・ディフェンス

  5. クラウンジュエル


A D

JLogosについて
最新語を中心に、専門家の監修のもとJLogos編集部が登録しています。リクエストも受付。2000年創立の「時事用語のABC」サイトも併設。
この言葉が収録されている辞典

 JLogos


  • 【辞書・辞典名】JLogos[link]
  • 【出版社】Ea,Inc
  • 【編集委員】JLogos編集部
  • 【書籍版の価格】
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】