見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先負
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 甘露柚煉[橘柚庵古後老舗]【かんろゆねり】


わび茶の世界から生まれた
柚子の風味豊かなお菓子






明治元年(1868)、儒学者広瀬淡窓の門下生だった古後精策が創業。古後精策は、書画や茶道を嗜み、客には自ら柚子を炊いてふるまったという趣味人だった。彼が作ったお茶請けが、甘露柚煉の名で130年の間代々伝えられてきた、この店の代表銘菓だ。
その甘露柚煉とは、熟したやわらかい柚子の実の中皮だけを使い、砂糖を加えて練り上げたもの。黄金色に輝く、柚子の豊潤な香りと爽やかな甘みが凝縮された逸品だ。このまま食べるのはもったいないような、何かに挟んで食べたいような気がする。そんな思いを見越してなのか、もち米から作った薄種にこの柚煉を裏ごししたものを挟んだ姉妹品、雪月花も販売されている。薄種は3色あり、白は雪に、淡青色は月に、淡紅色は花に見立てられている。創業当時から作られているというこの2品、心して味わいたい一品である。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071951
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>九州・沖縄>大分県    >    甘露柚煉[橘柚庵古後老舗]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産