見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ホッカイエビとモロトゲアカエビは見分けにくい



生きているときのホッカイエビは、暗褐色の地色に黄白色の縦縞模様がある。これをゆでると朱の地色と白い縞模様に変わり、がぜん食欲が高まるホッカイエビの標準和名で呼ばれることは少なく、一般的にはホッカイシマエビ、主産地の北海道ではシマエビのほうが通りがよい。ところが同じタラバガニ科のモロトゲアカエビがシマエビの通り名を持ち、見た目もよく似ているからまちがいやすい。生きているときのモロトゲアカエビは、赤い地色に白い縞模様だから、ゆでたホッカイエビとよく似ていて、とても見分けにくい。
モロトゲアカエビとホッカイエビの色の違いは生態による。モロトゲアカエビは200~400メートルの深海の砂泥地に棲む。ホッカイエビは浅い内湾のアマモ場に生息する。深海では赤が見えにくい色で、浅い海では暗褐色が見えにくい。どちらも小エビが生きのびるための保護色なのである。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070456
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ホッカイエビとモロトゲアカエビは見分けにくい
  1. ◆「▼ホッカイエビとモロトゲアカエビは見分けにくい」の関連ワード

  2. ▼ホッカイエビと甘エビの違い

  3. ▼初夏の野付湾に打瀬船が浮かぶ

  4. ホッカイエビ

  5. 北海蝦


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本