見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼生シラスが舌の上で踊る



シラスのほとんどはシラス干しなどの加工品として流通する。せっかく産地に出向いたのだから、生シラス味わいたかった。漁協の人に教えられて舞阪漁港すぐそばの味処「魚あら」へ。水揚げされたばかりのたっぷりのシラスの上に、すりおろした根ショウガと少しの醤油をかけてすすりこむ。と、まるで遠州灘のエッセンスともいうべき稚魚の群が、舌の上でリズミカルに踊り、するりとのどへと滑り込んでいった。なんとも巧まざる美味である。
舞阪漁港から歩いて3分ほどの堀江三郎商店に寄った。ここのシラス干しは質がよいとかねてから耳にしていたのだ。「薄塩で天日干し、ほかの味付けは一切していません」と店の人はごく当たり前のようにいっていた。気張って500グラムを買った。帰宅してから、あたたかいご飯の上にこんもりのせて、ほんの少しの醤油をかけて味わった。繊細微妙な味については、ことさら書くまでもないだろう。たちまちご飯3杯とともに胃袋に消えていった。
舞阪町のシラス漁の最盛期は、4月中旬から11月にかけて。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070378
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼生シラスが舌の上で踊る

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本