見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・14日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から7日
    ┗「処暑」まで9日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:2
    月名(旧歴日):二日月/繊月(せんげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼宴会のシメはキビナゴ茶漬けで



上甑島ではもちろんキビナゴを刺身で食べる。「島の女はみんな器用に手開きするよ」と西薗さん。宿の主人兼漁師がすすめる一品はキビナゴ茶漬け
「生のキビナゴを刺身と同じように開き、醤油ダレに1~2日漬け込んでおくんだ。人によっては醤油ダレに酒やみりん、砂糖を加える温かいご飯の上に7、8尾のせて、熱いお茶をかける。ワサビともみノリを添えてもいい。宴会のあとはこれでシメないと、島の男たちは満足しないよ」
キビナゴは一度に大量に獲れる。食べきれない分を翌日、翌々日まで保存するために醤油漬けにした。茶漬け冷蔵庫がなかった頃に始まった料理法にちがいない。島の人たちが伝統食を受け継いでいるのがうれしくて、島焼酎を一杯追加した。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070350
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼宴会のシメはキビナゴ茶漬けで
  1. ◆「▼宴会のシメはキビナゴ茶漬けで」の関連ワード

  2. 亀之手

  3. カメノテ

  4. ▼キビナゴ漁は夜が勝負

  5. ▼鹿児島名物、キビナゴの刺身


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本