見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼干物の原料は空腹の魚に限る



米水津村の加工会社の中でも、ヤマジンのウルメイワシ丸干しがおすすめ。干物作りの先陣に立つ山田藤吉社長は、原料に徹底的にこだわる人だ。
「米水津村で加工されるウルメやマイワシ、アジ、サバなどは沖旋網(おきまきあみ)漁で漁獲されるんじゃ。うちではその中でも、胃袋の中がからっぽの魚だけを原料にしている。集魚灯を点けて獲った魚は、活発な食欲があり腹がいっぱいになっているからな。これではいくら鮮度がよくても、腹の臭みが身に移り、質のいい干物は作れないんじゃ。だから、朝獲りの空腹な魚だけを使っている。ウルメの丸干しでももちろんこれを徹底しているよ」
このこだわりが美味な豊後水道の魚をさらに美味にして、評判が評判を呼ぶのであろう。ヤマジンの丸干しを軽くあぶって頭からかぶりつくと、豊後水道の海の幸を凝縮したかのような滋味(じみ)が、じわーっと口の中に広がってくるのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070336
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼干物の原料は空腹の魚に限る

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本