見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼わっぱ煮をアイナメ料理の最上とする



大型のアイナメは刺身がうまく、小型はから揚げや吸い物に向く。いずれの料理でも上品な味を楽しめ、独特な磯の香りもこたえられない。でもアイナメ料理を一つあげろといわれれば、ぼくは即座にわっぱ煮と答える。新潟県村上市沖に浮かぶ粟島の漁師が好んだ野外料理。以前は島の男たちは、わっぱ(曲げ物の弁当箱)にご飯と味噌だけを詰めて船を出した。昼時になると近くの磯に下り、流木を集めて火を起こし、小石と獲ったばかりの魚を焼いた。わっぱの中のご飯と味噌をふたに移し、空のわっぱに真水を注いで味噌を溶かし、焼いた魚を加えて、真っ赤に焼いた石をそっと入れた。石の熱で湯が沸騰し、汁も魚もなんともいい味に仕上がり、冷えた漁師の体を内から温めるのだった。
わっぱ煮の魚はアイナメが一番とぼくに教えてくれたのは、漁を終えて杯を重ねていた粟島の老漁師だった。「以前は漁に出ると、必ずといってよいほど昼飯はわっぱ煮だった。仲間たちと焚き火を囲んで作ると、それは楽しかったな。魚はマダイでも、メバルでも、カワハギでも、なんでもいいのだが、アブラメ(アイナメ)のわっぱ煮に勝るものはないとわしは思うよ。だしがよく出て、磯の香りがしてなぁ」。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070321
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼わっぱ煮をアイナメ料理の最上とする

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本