見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼周防灘産は一目で見分けられる



周防灘産トラフグのみを扱っているフグ料理店が、山口県柳井(やない)市の「魚心かみのせき」。なぜ周防灘にこだわるのかを、店のオーナーでフグ仲卸しでもある浅海努さんにたずねたことがある。
「周防灘は潮が速く小魚や小貝などフグのエサが豊富な海だ。それでうまいフグが育つ。また私が仕入れている上関町(かみのせきちょう)室津(むろつ)のフグ漁師は、釣り上げたあとの処置が上手だから質がよい。色がピンク色を帯びていて、私らプロが身を見れば、一目でほかのものとは見分けられる」。嘉永2年創業の仲卸しのいうことだから、素直に納得してしまう。
浅海さんは内海ものを漁師から買い入れると、自社の水温調整付き水槽に2、3日生かしておく。そうすることでフグの腹の中のものが吐き出され、また精神的にも安定して、身に締まりと弾力性が出てくるという。「この内海フグを三枚におろして、晒に巻いてほぼ1日寝かしておきます。そうやってほどよく水分をのぞいてうまみを引き出してから調理にかかるんです。ただし寝かせる時間も、水槽に生かした時間との兼ね合いで微妙に変えています」。
この店の菊盛りは厚めの一枚引き。噛み心地がよくうまみたっぷり。これを食べると、フグの刺身は薄いほどうまいというのはうそだと思えてくる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070279
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼周防灘産は一目で見分けられる

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本