見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼箱眼鏡で海底をのぞいてとるから「め突き漁」



サザエの多くはサザエ網や潜水、眼鏡漁で漁獲される。夜行性のサザエは、日中は岩礁の割れ目や穴にひそみ、日が暮れるとともにエサを探しに動き出す。眼鏡漁ではその隠れているサザエを見つけるのだから、至難のワザである。房総半島突端の白浜町白浜(千葉県)の星野実さんは、小船から箱眼鏡で海底をのぞき、又金という道具でサザエをとる眼鏡漁の漁師である。星野さんはこの漁法を「め突き漁」という。目で見て突くから目突きと思っていたら、同じ房総半島では見突き漁と呼ぶ土地が多い。あるいは「み」(見)が「め」に転じたのかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070263
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼箱眼鏡で海底をのぞいてとるから「め突き漁」

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本