見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 盛塩【もりじお】


夜中に皇帝を部屋に呼び寄せるため!?



料理店では、ドアの両側に塩を高く盛っていることがある。この塩を「盛塩」または「塩花」と呼ぶ。「清め塩」「盛花」「口塩」と呼ぶこともある。これをすると、お客がたくさんくるという縁起を担いでのことだ。このほか、地鎮祭や神事のときにも塩を盛ることがある。この盛塩の起源は、中国の晋の武帝の故事に基づいているといわれている。武帝には、多くの後宮の女性たちが仕えていたので、彼は絵描きに女性たちの肖像画を描かせて、その夜の相手を決めていた。ところが、数が多すぎて、肖像画を見るだけでも時間がかかる。そんなことに時間をかける暇はないと思った彼は、奇抜な方法を思いついたのである。後宮の女性たちには、それぞれ個室が与えられていた。そこで彼は、女性たちの部屋の周りを羊(一説には牛)に引かせた車に乗って回った。そうして、羊が足を止めた部屋の女性と一夜をともにすることにしたのである。これなら、自分が女性選びに煩わされることもないと考えたのだ。困ったのは女性たちである。後宮の女性たちにとっては、皇帝の寵愛を受けられるか、そのまま見捨てられてしまうかでは処遇が大きく違ってくる。そこで一計を案じた女性がいた。羊の好きな塩水をかけた竹の葉を自分の部屋の前に置いたのである。このような故事から、人を誘うために玄関に盛塩をする習慣が生まれたようだ。日本では、古くから塩は清めの儀式に用いられてきた神聖なものだったので、そうした習慣とも融合して塩を盛るようになったとされている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820907
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:モンスーン  モンテネグロ  森?外  もも肉  

   


  1. 雑学大全2>社会>宗教    >    盛塩
  1. ◆「盛塩」の関連ワード

  2. モンスーン

  3. モンテネグロ

  4. 森?外

  5. もも肉


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2