見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ドボルザーク【どぼるざーく】


SLオタクの作曲家



チェコ生まれの作曲家ドボルザークは、苦学してプラハのオルガン学校を卒業する。卒業後は、ヴィオラ奏者として交響楽団で演奏するかたわら曲を書きはじめ、一八七二年に発表した混声合唱と管弦楽のための愛国的な賛歌で新進作曲家としての地位を手に入れた。以降、ドボルザークは大作曲家への道を進む。祖国チェコの民俗音楽の旋律やリズムに根ざした器楽曲が多く、代表作となった「交響曲第九番」もその延長線上にある。「交響曲第九番」は、「新世界より」の副題があるように、一八九二?九五年に、ニューヨークナショナル音楽院院長に招かれてアメリカに滞在したときに作曲したもので、チェコの民俗音楽とアメリカの黒人霊歌の語法がない交ぜになった、親しみやすい名曲として名高い。ところで、チェコというヨーロッパ内陸部の大地を彷彿とさせる雄大な旋律や、わき上がってくるリズム心を打つドボルザークの曲だが、彼自身のハートを揺さぶり、ときめかせていたのは、「SL」だった。ドボルザークの鉄道ファンぶりは徹底している。プラハに住んでいるときの下宿は駅からほど近い場所にあり、気分転換もかねて毎日のようにプラハ市内の駅を訪れては観察に余念がなかったという。アメリカ滞在中も毎日駅に出かけては特急列車の車両番号を控えていた。自分が駅を訪れられないときは、代わりに弟子を行かせたというのだから、かなりのマニアといえる。この趣味は、渡米によってさらに幅を広げた。同じ蒸気機関で動く乗り物である蒸気船にも興味を示し、港で蒸気船を見学する趣味も加わるのである。弟子の回顧談によれば、港に停泊中の船はすべて訪問し、船長にあれこれ質問して乗組員たちとも会話を交わし、すべての船と船長、乗組員の名前をたちまち覚えてしまったという。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820622
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ドラえもん  ドラキュラ  土俵  ドナドナ  

   


  1. 雑学大全2>趣味>音楽    >    ドボルザーク
  1. ◆「ドボルザーク」の関連ワード

  2. ドラえもん

  3. ドラキュラ

  4. 土俵

  5. ドナドナ


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2