見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から14日
    ┗「霜降」まで1日
    仏滅
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ソクラテス【そくらてす】


ソクラテスの師匠は、遊女!?



古代ギリシアの都市国家アテネの哲学者ソクラテス。誰もが知っている哲学者の祖である。知者を自任する人々の「知」を根本的に問い直し、真の知者は神だけで、人間は無知であるという結論に達し、自分の無知を知らなければならないという「無知の知」を唱えた。人々に無知を自覚させるため、街頭で道行く人をつかまえて身近な問題をふっかけたため、人々に嫌われたともいわれる。紀元前三九九年には、国家公認の神を認めなかったため、「新しい神を導入して青年たちを惑わす」と批判され、死刑の判決を受ける。そして、弟子たちが亡命を勧めるのを拒否して、毒杯をあおいで死去した。さて、ソクラテスの弟子にプラトンがいたように、古代ギリシアの哲学者の間では師弟関係が多かったようだ。ソクラテスも例外ではなく、彼の師匠はアスパシアという名のヘタイラ(遊女、娼婦)だった。当時は、ヘタイラと一口にいっても様々で、歌舞音曲を習得し、男と知的な会話ができるほどの教養を身につけた者もいれば、たんに身を売るだけの者もいた。アスパシアはどちらかというと前者で、美しいだけでなく、すぐれた才能を持つ知的な女性だったという。一般的にヘタイラたちは快楽のための女性とみなされ、アテネ市民の既婚女性たちとは差別されていたが、行動の自由はむしろ既婚女性たちより多く、男たちと議論したりして知性と教養を磨くこともできたようだ。アスパシアは集まる男たちに哲学や修辞学を教えた。プラトンはその著書で、ソクラテスの言として、「幸い、私にはすぐれた女の先生がいる」と記し、アスパシアの才能を高く評価している。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820502
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:そば屋  孫文  速度メーター  早漏  

   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>人物    >    ソクラテス
  1. ◆「ソクラテス」の関連ワード

  2. そば屋

  3. 孫文

  4. 速度メーター

  5. 早漏


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2