見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 スエズ運河【すえずうんが】


スエズ運河の建設者は、



ナポレオンになるはずだった!?アジアとアフリカ大陸の境界にあるスエズ地峡を掘り、スエズ運河をつくったのは、元フランス外交官フェルディナン・ド・レセップスである。彼は一〇年の工事期間を要して一八六九年に総延長一六二・五キロの運河を完成させた。このスエズ運河開通により、アフリカ大陸南端の喜望峰を回る航海をしなくても、地中海からエジプトを通り、紅海からインド洋に抜けられるようになった。東西貿易が活発になる要因の一つになったといってもいい画期的な出来事だった。ところで、このスエズ運河利便性には古代人も気づいていたらしく、紀元前の古代エジプト王朝の頃や、七世紀半ばの一時期に、地中海からナイル川を通り、紅海へと続く運河が掘削されていたようだ。その後、これらの運河は廃れて、砂漠に埋もれてしまったが、この埋もれた運河跡を最初に見つけたのは、一七九八年にエジプトに遠征したナポレオンだったという。ナポレオンは、この運河の利便性に着目し、さっそく土木技師たちに調査させた。ところが、技師たちが出した結論は、地中海の水位よりも紅海の水位のほうが高いので、そこを掘れば、紅海の水が地中海に流れ込み、大惨事を引き起こすというものだった。さすがのナポレオンも、「余の辞書に不可能という文字はない」とはいかず、結局、運河建設はあきらめざるをえなかったという。ところが、実際はこの技師たちの計算は間違いで、レセップスがスエズ運河を完成させたとき、紅海の水が地中海に押し寄せることはなかった。ちなみに、スエズ運河の工事は、疫病の発生など難航を極めたようだが、土木技術上はそれほど難しい工事ではなかったという。つまり、ナポレオンの時代でも建設はできたはずなのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820463
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:杉田玄白  助六寿司  数学  睡眠法  

   


  1. 雑学大全2>地理>場所    >    スエズ運河
  1. ◆「スエズ運河」の関連ワード

  2. 杉田玄白

  3. 助六寿司

  4. 数学

  5. 睡眠法


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2