見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 人工授精【じんこうじゅせい】


患者をだまして自分の精子で金を稼いでいた医師



赤ちゃんがほしいのに、医学的な理由で子どもが授からない。そんな夫婦にとっての頼みの綱人工授精だ。一七九九年にイギリスで成功したのを皮切りに、今では世界中に広まっている。日本では、一九四九(昭和二四)年に慶応大学医学部付属病院で、人工授精による初めて赤ちゃんが誕生した。人工授精とは、女性の子宮内に精液を人工的に注入して授精させる方法である。人工授精に至る理由で最も多いのが、精子減少症や無精子症など精子に障害があるケースだが、この場合、精子をいったん洗浄濃縮して受精能力を高めるために培養し、それから子宮内に注入する。ところで外国では、優秀な子どもを授かりたいなどの理由で、精子バンクから有名人や知識人の精子を買ってきて人工授精することもあるらしい。そのような人を相手に金儲けをたくらんだのが、イギリスのフレデリック・ランダル博士だ。ランダル博士は、人工授精をおこなう医師の立場を利用して、患者の女性たちには精子バンクの精子だと偽って、自分の精子を使用した。そして、女性たちに高額な精子代金を請求したのである。下世話な話だが、自分の精子なら元手はタダである。しかも、これは発覚する心配のない商売だった。精子を一目見たぐらいでは違いがわかるはずもないからである。こうして、ランダル博士のDNAを受け継ぐ子どもは六〇〇〇人以上にもなってしまったという。このランダル博士、自分の精子の代金は、すべてギャンブルに使ってしまったというから、まったくひどい話である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820445
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>子供    >    人工授精

A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2